富山大洪水で被災した酪農家の牛舎復旧作業

月曜日の昼に連絡が入り、今週の予定を全部キャンセルして富山県南砺市へ。


大洪水で被災した酪農家さんの牛舎の復旧作業をしてきました。


橋から川面まで5メートルはあるのに牛舎内に土砂と流木が入ってしまい、泥と堆肥と流木でぐちゃぐちゃに。

大量の流木が壁を突き破ってたし・・・。




3日間かけて、牛床、真ん中通路、事務所、搾乳機械のある部屋等は片付けましたが、川側に壁、通路は手付かず。


今日は、丸二日間飲まず食わずで立ちっぱなしの育成牛の牛床にたまった深さ20センチくらいの汚泥を掻き出して、稲わらを敷き、水をやり、牧草を与え、脱走した牛を捕まえ(笑)、餌をやり、お腹パンパンにしてやりました。

そのあとは、これまた飲まず食わずの子牛に餌をあげ、ミルクを。


一緒に作業に行った製造の人とか、特約店の社長とか、ミルクのやりかたとか知らんから一人で(汗)

すでに離乳したでかいのとか、生まれたばっかのとか、一枠の中にあわせて8頭くらいいたもんだから、パニック(笑)

飲み足りなくて頭突きしてくるヤツ、哺乳バケツの上から頭つっこもうとするヤツ、バケツ空になって新しく作りにいこうとしたら、柵を突き破ろうとするヤツ(笑)

腹減って殺気だった牛の柵の中に入るのは子牛でも危険ですよ。



乾乳牛とかも草が届かなかったりしてたから、草やったりして、めっちゃ疲れたけど、お腹いっぱいになって座ってくつろいでる牛を見てたら、嬉しくなりました♪


あのままほっといたら死んでただろうからなぁ。



それにしても、いくら実習したとはいえ、子牛にミルクやったり、脱走した牛を縄使って捕まえたり、追い込んだり、意外と切羽詰った現場でもできるもんだね(笑)


自分たちの休憩時間でも、牛が心配でさ、早く餌と水をあげたくて(笑)

酪農家の気持ちがよくわかりました。




でも、まだ現場の復旧は終わってないんだよね。

また行くかも。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ フリースタイルフットボールへ
↑ランキングに参加しています。
応援クリックよろしくおねがいします♪

フリースタイルフットボール動画一覧↓
FC.EMBAIXADA サッカーリフティング・フリースタイルフットボール
タグ:洪水 富山県
posted by たうちゅー at 21:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。