内側膝蓋滑膜ひだ障害:棚障害

内側膝蓋滑膜ひだ障害棚障害

主治医に断言はされていないけど、おそらく僕の膝は棚障害だと思われます。
症例を見ても、おそらく間違いないかな。
リハビリの方法も近いし、膝曲げるとパキって音鳴るし。
薬と注射で良くならないと、本当に手術になりそうだなぁ。
今回の痛みはもう半年近く続いてる気がするよ。

ただ、今は注射の効果で痛みはまったくなし!
このまま治って欲しい。
人気blogランキングへ
banner_03.gif
↑ランキングに参加しています。
応援クリックありがとうございます♪
■■■■■■■■■■■■
タナ(内側膝蓋滑膜ヒダ)とは膝蓋骨(お皿)と大腿骨の間に介在する滑膜ヒダのことをいう。見かけ上、棚に似ている事からタナと呼ばれてる。

タナは胎生期の滑膜隔壁の遺残したもので、50%程度の人に認められる。
大半が膝蓋骨の内側に存在しており、普段は何ら異常をもたらさない。
しかし、軽微な外傷(打撲や捻挫など)や膝の酷使によってタナが慢性的に刺激を受けると、タナは肥厚、硬化し、膝蓋骨と大腿骨の間に挟まれて症状を引き起こす。


症状は膝蓋骨内側部痛(お皿の内側の痛み)、引っかかり感、運動時痛である。
診察では膝蓋骨内側に硬い組織を触れ、膝の屈伸時に膝蓋骨を内側に圧迫すると、「コック」と引っかかる音が聞き取れる。
確定診断には関節鏡が必要だ。関節鏡を使う症例がほとんどではあるが、1%強の人の場合触診でひだを触れることができる。この場合は手術になる場合がほとんどだ。

治療は保存的治療(手術しない方法)が原則。痛みには短期間の非ステロイド系抗炎症剤を処方し、リハビリテーションとして温熱療法、大腿四頭筋のストレッチ、筋力強化訓練を指導する。

難治例ではステロイド注射を試みる。しかし、これらの保存的療法にて改善しない症例(膝をよく使う若年齢には多い)では関節鏡視下でのタナ切除術を検討する。関節鏡を用いた手術は、数日で退院はできる。
そのあとのリハビリも大切になってくる。
リハビリを怠ると、症状が悪化してしまったりするため予後がよいとも断言できない障害である。 原因もはっきりと断言されていないので 内側膝蓋滑膜ひだ症候群とも呼ばれている。あまり認知度は高くない障害であるため、病として考えてない人が多いことも特徴の一つであろう。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
■■■■■■■■■■■■
人気blogランキングへ
banner_03.gif
↑ランキングに参加しています。
応援クリックありがとうございます♪




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ フリースタイルフットボールへ
↑ランキングに参加しています。
応援クリックよろしくおねがいします♪

フリースタイルフットボール動画一覧↓
FC.EMBAIXADA サッカーリフティング・フリースタイルフットボール
posted by たうちゅー at 17:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
とりあえず症状の名前が分っただけでも良かったですね。
しかし50%の人の膝にはタナなんてものがあるのですね。
全然知らなかったです。
このまま症状がおさまってくれると良いですね。。。
Posted by Ken at 2007年04月29日 23:19
おそらくですけどね。
ほんと、このまま治まるのを祈るばかりです。
Posted by たうちゅー→Kenさん at 2007年04月30日 00:01
こんばんは。
膝の方、大変そうだね〜。 
半年も痛みが続いてるなんて。
思い切って手術した方がいいのかな?
早く良くなる事を祈ってます。
お大事に。 お見舞いのポチ。
Posted by 絵美香 at 2007年04月30日 23:43
今はなんとか注射の効果か痛みは治まってます。
このまま治ってくれるといいんですけどね。
応援ありがとうございます♪
Posted by たうちゅー→絵美香さん at 2007年05月01日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。