ドリブルの使いどころ

前回の特徴@スピードblog ranking
http://embaixada.seesaa.net/article/96707058.html
の続きですが、


今回はドリブルの使いどころについて。

結論から言うと、スピード重視の直線的ドリブルは、やはりサイド向きだとは思います。

キープ力があって、囲まれても取られないようなら、ピッチ中央でボールを持ってもいいんでしょうが、やっぱりピッチの中央をスピードだけのドリブルで突破するのは難しいですね。

やべっちFCで特集してましたけど、ピッチ中央ではクリスティアーノ・ロナウドでも囲まれてボールを奪われてしまいます。

1対1を作り出して仕掛ける。
そのためにはサイドが最適かと、はい。

ただ、スピード重視のドリブルはどうしてもストロークが大きくなって、体からボールが離れがちになり、長い距離を走ると、最終的にコントロールできなくなることが多いです。

また、自陣からドリブルを始めると相手にカットされる可能性も高く、危険度も高いのでしないほうがいいですね。
これは、チームで指摘されました。

だから、自陣ではダイレクト、または2タッチ以内でのパスを意識し、リターンをもらって、相手陣地半分くらいからドリブルで仕掛ける。
これが今自分が目指すドリブルへの入り方です。
あくまでポジションがサイドの場合ですが。

まずはパスの意識。

それは次にくるドリブルへの布石

このイメージを大切にして、実践します。


次回は、特徴Aの左右のキックです。

人気blogランキング
↑応援ヨロシクお願いします!!




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ フリースタイルフットボールへ
↑ランキングに参加しています。
応援クリックよろしくおねがいします♪

フリースタイルフットボール動画一覧↓
FC.EMBAIXADA サッカーリフティング・フリースタイルフットボール
posted by たうちゅー at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。